カテゴリ:政治( 98 )
集団的自衛権反対
安倍総理は、選挙が当分ないことをいいことに集団権的自衛権の行使できるようにしようと働きかけています。
集団的自衛権というとなんのことか直感的にはイメージできません。
しかし、集団的自衛権の行使とは、兵器を使うことです。
人を殺すこともあります。

人を殺したら、恨みの連鎖がはじまり、どうなるかわかりません。
現在も日中関係は、非常に悪いですが、
人が死んだとなればさらに悪化するはずです。

集団的自衛権の行使は、非常に危険です。

そもそも日本国憲法を素直に読むと禁止されているはずです。
交戦権がないのですから、戦ったらいけないはずです。

さらに、自国が攻撃されているわけではなく、
同盟国が攻撃されているだけですから。

その点、平和憲法を理由に集団的自衛権を行使できないと
いって交戦しない
といういままでのままでの姿勢で良いと思います。

平和憲法は、非常に良いと思います。

さらに進めて、自衛隊も縮小していけばよいと思います。
そうすれば、防衛費の5兆円がほかに回せますし。

どう考えても、自衛隊は戦力ですし、軍隊と思います。
[PR]
by remarkably | 2014-05-17 19:56 | 政治
渡辺前代表の資産報告書の訂正
みんなの党の渡辺さんこれからどうなる?

「みんなの党の渡辺前代表が、おととし12月時点の資産報告書を2日連続で訂正しました。当初、2億5000万円としていた借入金が4億円以上増えています。」

罰則はないとニュースには書いてありましたが、
政治家としてのペナルティは大きいはずです。

選挙の票がかなり減ると思う。
みんなの党という党は、次の選挙の時にはないのでは。

そもそもなんでこんな大きな金額が
借金ができるのだろうか?

借金ができるのは、借金を返済することができるからである。
借金を返済できるということは、お金を儲けることができるということである。

政治家がこれだけの金額のお金を儲けることができるとしたら、
あまり良いことではないような気がします。

国家には、税金として自動的にお金が入ってくるシステムがある。
わたしたちは、働いてお金を稼いでいます。

最近、消費税の税率がアップしましたが、これにより国家にはいるお金も増えました。

これで使えるお金も増えます。

このお金がなにに使われるのか?
このお金がどこに流れるのか?

これが問題です。

このお金をどこに使うかを決定するプロセスでかかわる人がだれなのか?

そのプロセスでなにかうまいしくみを考えている人がいるから...
[PR]
by remarkably | 2014-05-04 06:50 | 政治
太陽電池の経済性
太陽電池の経済性について考えてみたいと思います。
非常におおざっぱな計算ですが、可能性は見えてくると思います。

今、1kWの太陽電池の最安値は20万円くらいです。
この太陽電池で年間1000kWhくらい発電します。
1kWhは、だいたい20円くらいです。
年間20,000円くらいになります。
これだと10年で投資回収です。

買い取り制度だと1kWが40円くらいですから、
年間40,000円くらいになります。
5年の投資回収です。

太陽電池は20年くらい使えるといわれていますので
長期的には良いのではないかと...

脱原発はそんなに不可能ではないと思います。
わたしは脱原発は賛成です。
[PR]
by remarkably | 2014-01-24 20:06 | 政治
脱原発は可能
日本で年間に使用されている電力量は約1兆kWhです。
これを太陽電池で発電するにはどのくらいの面積がいるのでしょう?
計算してみようと思います。

日本では、1m2の太陽電池で年間に約100kWh発電します。
単純にこれで割り算すると、100億m2になります。
よって、1万km2になります。

100kmの正方形の面積です。
日本の面積は、37.8万km2
日本の宅地面積は、2.1万km2

不可能な面積ではない?

費用についても考えてみます。
1m2の太陽電池は、約2万円くらいと思います。
100億m2の太陽電池の費用は200兆円となります。

日本の年間の国家予算より大きく、日本のGDPより小さい金額です。

不可能な金額ではない?

個人的には脱原発には賛成です。
頭を使えば、可能な選択肢と思います。
[PR]
by remarkably | 2014-01-13 17:13 | 政治
鳩山さん引退
鳩山さんが民主党の誓約書にサインできないことから、次期衆議院選挙に出馬しないことを決めた。
野田さんは、強引なことをするようだ。

党に所属する議員が、すべて党の政策と一致しなくてもよいように思う。
党の政策は、たくさんあるのだから、すべてに一致するというほうがウソくさい。
議員には、たくさんのライアーがいるようである。

主要な政策のみ一致していればよいと思う。

そして、法案によっては、自民党、民主党の議員が一緒になって通る法案があってもよいと思う。
議員それぞれが政策を主張して、選挙を戦い、その政策をもって党を超えて、法案に賛成、反対を決めるべきと思う。

米国は、2大政党のくにであるが、政策については、緩やかなようである。
日本ももっと自由があってよいのではないだろうか?
[PR]
by remarkably | 2012-11-21 19:09 | 政治
衆議院選挙ライアーゲーム2
日本維新の会の代表に石原さん、代表代行に橋下さんとなった。
政策は、日本維新の会をベースで、石原さんが歩み寄った。
石原さんが名をとり、橋下さんが実をとった?

もともとの政策も票を獲得するためのものではあるが、ライアーが多い。
どんなこじつけのいいわけをするのか、それにたいしてマスコミがどう反応するか?

衆議院選挙の候補者は、ライアーゲームを戦う参加者のようなものである。
衆議院選挙ライアーゲームは、お金ではなく、有権者の票を奪いあう。
その票がそのうちお金になる?

石原さんも橋下さんもことばの使い方が非常にうまい。
ライアーゲームを勝ち残るか?

しかし、自民党のライアーゲーム参加者もいまいち。

民主党の野田さんの党首討論は、比較的良かった。
これもライアーゲーム?

個人的な意見としては、
増税反対、原発反対、TPP賛成...

これを実現してくれる党は、どこだろう?
どこに投票するかは、非常に迷っている。
[PR]
by remarkably | 2012-11-18 18:38 | 政治
衆議院選挙ライアーゲーム
衆議院が解散した。
1か月後に総選挙です。

自民党が圧勝して、政権交代では、おもしろくない。
民主党もよくないが、自民党もよくない。

これから第3極といわれている小政党の動きは、どうなるのだろうか?

日本は小選挙区制なので、集まったほうが勝ちやすい。
しかし、各政党の政策は違っている。

衆議院選挙ライアーゲームがはじまる。
[PR]
by remarkably | 2012-11-17 09:37 | 政治
ライアーゲーム
 Liar Game (ライアーゲーム) という漫画がある。
ヤングジャンプで連載されている。
嘘つきゲームである。
現在は、入札ポーカーというカードを入札で落札するゲームをやっている。
政治の世界も、ライアーゲームと似ている。
橋下さんも、石原さんも、みんなの党も
そのほかの政治家も、ライアーゲームをやっているような...

ライアーゲームの次の展開も気になっている。

Liar Game 入札ポーカー 気づいたこと
LIAR GAME 入札ポーカー 嘘160話 take2

政治のライアーゲームは、今後、どうなるか?

論理と実績を、うまい言葉でわかりやすくマスコミを利用してPRして...

橋下さんも、石原さんもすべての問題に対して、主張を持っているわけではないと思う。

消費税の話や、原発の話は、彼らにとっては、本題ではない。

だから、些細なことなのである。

でも、国民にとっては些細なことではない。
[PR]
by remarkably | 2012-10-28 07:28 | 政治
議員数を削減してほしい。
西岡議長、議員削減で首相に反発 「極めて不見識」

西岡武夫参院議長(民主党)は2日夕、国会内で緊急に記者会見し、菅直人首相が国会議員の定数削減で年内の与野党合意を目指すと表明したことに対し「極めて不見識だ。参院が首相の指示を受けることは一切ない」と強く非難した。与党出身の議長による首相批判は異例。会見で西岡氏は「行政府の長が『参院定数40削減』という具体的な数字まで出すのは極めて不適切だ」と強調した。


西岡武夫参院議長(民主党)は極めて不見識だ。

参議院の議員数は削減すべきだ。

参議院は、せいぜい100人くらいで良いのでは?

今の半分以下で十分と思う。

減らしたらどんな問題が起こるのだろう。

なにも問題は起こらないと思う。

問題が起こらないなら、減らすべきだ!!
[PR]
by remarkably | 2010-08-02 20:52 | 政治
参議院選挙2010
参議院選挙で民主党は議席を減らし、みんなの党が議席を増やした。

民主党が議席を減らした原因は、

まだ、税金の無駄遣いに対してまだやることがたくさんあるのに、

消費税増税のことを言い出したからだと思う。

前回の衆議院選挙で、民主党は税金の無駄遣いを減らすと訴えて、

大きく議席を伸ばした。

今回の参議院選挙では、みんなの党が税金の無駄遣いを減らすと訴えて、

それで議席が増えたのだと思う。

税金の無駄遣いに対する怒りは、多くの国民が持っていると思う。

税金の無駄遣いの対策を十分行うまでは、税金を上げるべきでは無い。

また、国の資産もどんどんうるべきである。

自衛隊の予算も減らすべきである。

自衛隊の予算は、今や歳入の1割に達している。

国会議員の人数も多すぎる。

独立行政法人、公益法人などもいらないものばかり。

なんで、こんなことに国が関与するのだろうというものが多い。

官僚の天下り先を作ることが目的であることは明確である。

官僚の数が多すぎるからこんなことが起こる。

官僚の数を減らして、定年まで働いてもらえばこんなことは起こらない。

無駄遣いを減らす方法なんてたくさんある。

消費税増税なんてありえない。
[PR]
by remarkably | 2010-07-17 16:05 | 政治