ブログ登録者868万人、SNS716万人
ブログ登録者868万人とありますが、
どういうカウントの仕方をしているでしょう?

放置されているサイトや、1人で複数開設しているサイトもカウントされてるのかな?
実際は、これほど多くないような気がしますが、かなり急激に増えていることは確かだと思います。

Excite エキサイト : 社会ニュース
<ブログ>3月末現在で登録者868万人 半年間で83%増
総務省は13日、インターネット上での開設が簡単な「ブログ」(日記風の簡易型ホームページ)の登録者数が3月末現在で868万人と、昨年9月末からの半年間で約83%増加したと発表した。趣味や仕事の情報交換の場として人気が高まっていることを裏付けた。
 個人やグループ向けにブログ開設サービスを提供しているのはヤフーや楽天など53社。ブログは、ホームページ作成の知識がなくても簡単に作成できるのが利点。30~40代の女性が友人作りのためにブログを作成するケースが多い。個人投資家の株式への投資熱の高まりを受け、株式情報を交換する投資家向けのブログも増えている。
 一方、閲覧者を友人らに限定して交流を図る「SNS」(ソーシャルネットワーキングサイト)は716万人で、半年間で約79%増えた。SNSはヤフーやNECなどがサービスを提供している。既存会員からの紹介がないと入会できないサービスが多い。書き込んだ内容がすべてネット上で公開されるブログに対して、SNSは閲覧者の範囲が限られるため、率直に意見交換ができる点が人気を集めている。


分析は、まとを得てないような気がします。
どうゆう根拠でこのような分析をしたのだろう?

私の場合は、とにかく何か書きたかったから、はじめました。
これだけ、気軽にブログを作成できるのだから、
キッカケは、もっと軽い気持ちではじめる人が多いような気がします。

その後、続く人と、続かない人がいるのではないかと思います。
なにかそこで楽しさが見つかるか、見つからないかだと思います。





パソコン・周辺機器ランキング
[PR]
by remarkably | 2006-04-16 10:00 | インターネット
<< <耐震偽造>木村建設へ本格捜査 アイフル全店に対し最大25日間... >>