集団的自衛権反対
安倍総理は、選挙が当分ないことをいいことに集団権的自衛権の行使できるようにしようと働きかけています。
集団的自衛権というとなんのことか直感的にはイメージできません。
しかし、集団的自衛権の行使とは、兵器を使うことです。
人を殺すこともあります。

人を殺したら、恨みの連鎖がはじまり、どうなるかわかりません。
現在も日中関係は、非常に悪いですが、
人が死んだとなればさらに悪化するはずです。

集団的自衛権の行使は、非常に危険です。

そもそも日本国憲法を素直に読むと禁止されているはずです。
交戦権がないのですから、戦ったらいけないはずです。

さらに、自国が攻撃されているわけではなく、
同盟国が攻撃されているだけですから。

その点、平和憲法を理由に集団的自衛権を行使できないと
いって交戦しない
といういままでのままでの姿勢で良いと思います。

平和憲法は、非常に良いと思います。

さらに進めて、自衛隊も縮小していけばよいと思います。
そうすれば、防衛費の5兆円がほかに回せますし。

どう考えても、自衛隊は戦力ですし、軍隊と思います。
[PR]
by remarkably | 2014-05-17 19:56 | 政治
<< 110円/ドルは円安すぎる!!! 渡辺前代表の資産報告書の訂正 >>