渡辺前代表の資産報告書の訂正
みんなの党の渡辺さんこれからどうなる?

「みんなの党の渡辺前代表が、おととし12月時点の資産報告書を2日連続で訂正しました。当初、2億5000万円としていた借入金が4億円以上増えています。」

罰則はないとニュースには書いてありましたが、
政治家としてのペナルティは大きいはずです。

選挙の票がかなり減ると思う。
みんなの党という党は、次の選挙の時にはないのでは。

そもそもなんでこんな大きな金額が
借金ができるのだろうか?

借金ができるのは、借金を返済することができるからである。
借金を返済できるということは、お金を儲けることができるということである。

政治家がこれだけの金額のお金を儲けることができるとしたら、
あまり良いことではないような気がします。

国家には、税金として自動的にお金が入ってくるシステムがある。
わたしたちは、働いてお金を稼いでいます。

最近、消費税の税率がアップしましたが、これにより国家にはいるお金も増えました。

これで使えるお金も増えます。

このお金がなにに使われるのか?
このお金がどこに流れるのか?

これが問題です。

このお金をどこに使うかを決定するプロセスでかかわる人がだれなのか?

そのプロセスでなにかうまいしくみを考えている人がいるから...
[PR]
by remarkably | 2014-05-04 06:50 | 政治
<< 集団的自衛権反対 太陽電池の経済性 >>